スマホの料金が安いのは格安スマホ

安い

これからスマホの購入を考えるなら、スマホ本体の価格だけでなく、通信料金も含めて安くなる選択をしたいですよね。そこで、大手キャリアと格安スマホの料金を比較して、どちらが安くなるのか検証してみました。結論から言うと、料金が安いのは格安スマホです。

大手キャリアの料金

ドコモ、au、ソフトバンクなど大手キャリアの料金を調べてみると、5分以内の通話が無料になるかけ放題プランが月に1,700円、標準的なデータ通信プラン(容量5GB)が5,000円、ネット接続料が300円の合計7,000円が毎月かかります

もっと安くするにはデータ通信容量を下げる方法があります。auとソフトバンクでは高速通信の容量が1GBのプランがあり、月額2,900円です。かけ放題の料金とネット接続料を合わせると4,900円とギリギリですが5,000円を切る価格で通信を利用可能です。

ただし上記の価格は2年契約の場合の価格で、2年契約を結ばないとかけ放題プランが1,500円増の3,200円になります。これにスマホの費用がかかります。

格安スマホの料金

格安スマホの場合は料金設定が各MVNOによって異なるので一概には言えないのですが、一例として5分以内の通話かけ放題がある楽天モバイルを使って比較してみたいと思います。

楽天モバイルでは5分以内の通話かけ放題が月額850円、5GBのデータ通信プランが2,150円なので、合計3,000円で大手キャリアと同じサービスを使うことができます。

また、大手キャリアでは必須の通話基本料金ですが格安スマホでは必須ではないため、通話が少ない人は2,150円だけで通話と5GBの高速通信を使えます。さらに高速通信の容量を減らしたければ3.1GBのプランが1,600円、高速通信無しのプランなら1,250円で使うことができます。

価格を比べると大手キャリアよりも格安スマホの方が安いのは明白です。しかも、大手キャリアは2年契約が前提でしたが大半の格安スマホは2年契約がありません。楽天モバイルも通話SIMの最低利用期間として1年以内の解約は解約金が発生しますが、1年を超えればいつでも解約可能です。

格安スマホのメリット、デメリット

格安スマホのメリット

  • 月額料金が安い
  • プランが豊富で、使い方に合わせて選べる
  • 安いSIMフリースマホを使える
  • 2年契約が無い

一方で格安スマホにもデメリットがあることを覚えておきましょう。
  • ショップが無いもしくは少ない
  • スマホ本体は実費負担(大手キャリアのような補助がない)
  • エリアは同じだが速度はキャリアより遅いことが多い
  • iPhoneの対応が限られる

なお、格安スマホというと性能も低いように思えますが、高性能のSIMフリースマホも増えています。例えばASUSのZenfone2は高性能なクアッドコアプロセッサと4GBのRAMを搭載しています。また、HuaweiのMate Sは本体価格79,800円(楽天モバイルなら64,800円で購入可能)と高価ですが高性能オクタコアプロセッサと3GBのRAM、また多彩な機能があります。

日本製のSIMフリースマホもあり、例えばArrows M02なら29,800円(楽天モバイルの価格)で防水&おサイフケータイに対応しています。

おすすめの格安スマホ

楽天モバイル
セットで扱っているスマホの種類が多く、スマホの本体の割引やポイントバックのキャンペーンが豊富です。また、他にはあまりない5分以内の通話かけ放題のオプションがあり、大手キャリアからの乗り換えでも違和感のない使い方ができます。通信料もまあまあ安く、スマホ本体の価格と月額料金を合わせると最安になるケースが多いです。

楽天モバイル